カンボジアからの技能実習生が土木作業員をする長所

  • スーパーがカンボジアから技能実習生を受け入れると

    • スーパーがカンボジアから技能実習生を受け入れた際は、しばらくの間は店内にお客が増加する結果につながります。
      お客の目的は、カンボジアからやってきた技能実習生の働きぶりなので、店員からしてみると鬱陶しいかもしれません。

      ですが、スーパーに入ると何も買わずに出るのは心理的に難しいため、何らかの商品を買ってくれるので店長は何も言えないです。


      技能実習生の仕事は主にレジ打ちから商品の陳列、または商品の賞味期限チェックして、半額や2割引きシールを貼ることです。

      カンボジアの技能実習生に関してとにかく簡単に調べられます。

      レジの打ち方については、カンボジアのスーパーで学んでいる場合もあります。賞味期限のチェックは、数字を見れば判明するので問題ないです。


      シールを貼る作業は、慣れれば面白いので笑いながら仕事をしてくれます。

      ただ、商品の陳列に関しては、肉や野菜の名前が読めないので通訳にお願いすることになります。半年ほど経過すると、周囲に住んでいる人達は技能実習生が働いている光景に慣れてきます。


      制服に名札がついているので、その名前を呼ぶ人が増えている可能性が高いです。

      そして、名前を呼ばれた時は、笑顔で手を振って返してくれるので、楽しいと感じたお客は何かを買ってくれます。



      売上増加に貢献していることから、店長にとっては大助かりと言えます。


      期限が来ると、技能実習生は故郷へ帰ります。
      スーパーで働いた経験と、身につけた知識は、カンボジアの人々へ伝わります。

      そして、日本とカンボジアの友好維持に協力したことになるので、日本政府から何らかのお礼の言葉を頂けます。