カンボジアからの技能実習生が土木作業員をする長所

  • カンボジアからの技能実習生が土木作業員をする長所

    • カンボジアからの技能実習生が土木作業員をすると、最初は見習い扱い、徐々に仕事を覚える、技術が伝えられるなどの長所があります。

      カンボジアからの技能実習生は珍しいですが、仕事を覚えていないので最初は見習い扱いとなります。体格が立派な時は側溝を持ち上げたり、セメント袋を積んだ一輪車を移動させる仕事を任せられます。


      体力的にきつい仕事が多かった日は、3時休みに栄養ドリンクが出されることがあります。

      カンボジアの技能実習生の情報を探すならこちらです。

      それを飲めば体力と疲労回復に効果的です。
      体格が小さく腕力がやや弱い際は、会社の会計や事務の仕事を教えてもらえます。

      カンボジアでもパソコンを普段から使っていた時は、事務を任される場合がほとんどです。半年ほど時間が経つと、事務員として働いていた場合は、電話の応対以外なら普通に活躍できています。
      簡単な日本語は使えるようになっていますが、同僚と意志の疎通をするには通訳の存在が欠かせないです。

      現場の仕事をしていた時は、技能実習生として来た時よりも身体つきが立派になり、腕力も増加しています。

      そして、セメント作りや側溝の作り方の基礎程度ならできるようになっています。

      どちらの場合も社長にとっては喜ばしい状況と言えます。



      期限が近づいてきた時は、カンボジアへ帰らなければいけません。


      カンボジアへ帰ると、土木作業員として働いた際に身につけたことが、技能実習生の故郷へ伝わります。


      そして地域の新聞に、技能実習生が無事に帰還した記事が掲載されます。